【世界文化遺産セーファウタキ近く】自生する野草を素材にして、健康と美容そして環境に役立つような商品開発を進めています

サトウキビ

a:1983 t:1 y:0

Top / サトウキビ

サトウキビ

植物資源活用図鑑より

【薬効】胃癌、腸癌、肺癌/沖縄の薬草百科(多和田真淳・大田文子共著)
抗酸化作用、メラニン生成抑制作用、抗菌活性、肝障害軽減作用/沖縄県農業研究センター
滋養強壮、できものによる諸毒を解く、百毒諸瘡、吐瀉、マラリア、下痢/熊本大学 薬学部
脳のエネルギー源、ストレス解消、老化防止、安眠、持続力の強化、生体維持
【成分】ポリフェノール、クロロゲン酸、ネオクロロゲン酸/沖縄県農業研究センター
ケイ素、オクタクサナール、オクタコサノール、イヌリン、ステロール、ヘミセルロース

イヌリンを例に説明すると、
イヌリンは、水溶性の食物繊維に分類されている多糖類の一種。糖や脂質の吸収を妨げ、血糖値や中性脂肪値、血中コレストロール値の上昇を抑える働きがある。
<イヌリンの優れた特徴>

  • 腸内で水分を吸収して膨らみ、余分な糖や脂質をからめ取って、-身体の外に排出する
  • 腸壁を刺激してぜん動運動を高め、排便を促す
  • 善玉菌を増やして腸内環境を整える一方で、悪玉菌の増殖を抑える免疫力を強化する
  • 身体の機能を正常に保つミネラルの吸収を促進する
    ─というような、機能性がある。

沖縄では、いたるところでサトウキビが栽培されており、原料の供給面でも、安定供給の確保が容易な作物である。

powered by HAIK 7.3.7
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional