【世界文化遺産セーファウタキ近く】自生する野草を素材にして、健康と美容そして環境に役立つような商品開発を進めています

推薦図書

推薦図書

a:1598 t:1 y:0

Top / 推薦図書


著者:大城喜信
定価:1500円(税込み)、送料別
書籍「沖縄農業の復活」注文ページ

s書籍沖縄農業の復活表紙2.jpg

【目次】
まえがき
一、農業復活に関わる技術開発と方向性----------------------7
1.土壌の改良と地域農業の振興ー沖縄研究奨励賞受賞によせて
2.クチャ利用による国頭マージの改良ー地域資源を活用した農業振興
 (1)沖縄の主な土壌と改良
 (2)技術開発の背景と目的
 (3)技術の概要
 (4)技術の特徴
 (5)成果と波及効果
3.作付け面積の変遷と今後の農業の方向性
 (1)作付け面積の歴史的変遷
 (2)農業の方向性
 (3)農業振興の基本的視点

4.沖縄農業の復活に挑む
 (1)はじめに
 (2)近年の農業の動向
 (3)主要品目の生産額の動向
 (4)農業を取り巻く近年の動向
 (5)具体的な提言
二、農業の復活に関わる随想----------------------41
1.研究開発型農業
 (1)研究開発型農業の特徴
 (2)研究開発型農業の事例
2.有機農業の可能性
 (1)沖縄農業の方向性
 (2)なぜ、今有機農業か
 (3)キューバの有機農業
 (4)平成の蔡温
 (5)数字で見る沖縄の農業
 (6)沖縄農業の底力
 (7)有機農業実践講座の開設
 (8)だいこんの花
 (9)よんき産業
 (10)命ど宝
 (11)沖縄の土壌
 (12)北部振興の新機軸
3.農業と土壌
 (1)人間の体は土からできている?
 (2)土壌の分布と地域性
 (3)土壌の空気と水の動きが分かると国土の崩壊も救われる
 (4)土壌と農家の収入
 (5)土壌改良野経済効果
 (6)土壌改良成功の秘訣
 (7)化学肥料農業のプラスとマイナス
 (8)沖縄の食料自給率は二八%
4.新技術ネットワークによる産業振興ー循環型社会へのアプローチ

三、農業復活を阻む二つの障壁ー軍事基地と起請文・掟一五カ条----------------------77
1.基地は害虫と同類
 (1)基地駆除は「アブシバレー」で
 (2)基地撤去と祈りの言葉
 (3)日本人、アメリカ人は真(まこと)の人間となれ
 (4)基地問題解決の鍵は「独立」
 (5)オバマ大統領へのメッセージ
 (6)義理が廃れたヤマト社会
2.尚王の起請文と薩摩の掟15カ条
ー琉球国の主権・自立精神・自立経済を奪った公文書
四、統計資料編・近年の沖縄農業の動向----------------------93
1.農家数、幸地面積
2.主要作物の収穫面積、、収穫量
3.農業粗生産額
4.地域別、市町村別粗生産額
5.さとうきび粗生産額
6.さとうきび収穫面積、十アール当たり収穫、栽培農家数
7.野菜作付け面積、生産量、生産額
8.肉用牛飼養頭数

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional