【世界文化遺産セーファウタキ近く】自生する野草を素材にして、健康と美容そして環境に役立つような商品開発を進めています

紅カンダ

a:2012 t:1 y:0

Top / 紅カンダ

紅カンダ

植物資源活用図鑑より

【薬効】眼病予防、抗酸化作用、ガン予防、美肌効果、造血促進、デトックス、免疫力アップ
【成分】ポリフェノール、ルテイン/よんき産業研究会

イモ(甘藷)は、長い歴史の中で食されてきた作物である。その葉を利用しようというもの。もともとイモの葉(カンダバー)には、ルテインを含み、眼病予防に効果があるとされている。さらに、この紅カンダは、葉の紅の部分にポリフェノール(抗酸化成分)を豊富に含み、カテキン換算値でお茶の5倍の成分を含んでいる(生葉で分析)ことがわかっている。

powered by HAIK 7.3.7
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional